プロポーズの際には

男性から交際中の女性へとプロポーズする時に、サプライズのプレゼントとして婚約指輪を渡す場合、サイズやデザインの好みを知るのに苦労することがあります。そのような問題を解決するためには、指輪以外の品物をプレゼントするという方法が存在します。

プロポーズの際に贈る指輪以外の品物としては、ダイヤモンドが人気を呼んでいます。ダイヤは、婚約指輪のメインストーンとしてあしらわれていることが多い、価値ある宝石です。プロポーズに際してダイヤモンドをプレゼントすれば、後からそのダイヤをベースに、彼女のサイズや好きなデザインに合う婚約指輪をオーダーメイドすることができます。そのように、指輪のサイズやデザインの好みが分からなくて苦労するリスクがなく、最終的には、贈ったダイヤを彼女のサイズや趣味・趣向に合う婚約指輪として使用してもらうことができるという魅力があります。

こちらの方法では、プロポーズの後に婚約指輪を用意することとなりますが、最終的には、結納など、両家が顔合せをするまでに指輪が完成すれば問題ありません。こうしたプロポーズの方法は、「ダイヤモンドプロポーズ」と呼ばれ、最近では、性別を問わずに人気を呼んでいます。

特別な意味合いなど

エンゲージリングには、ダイヤが主役となっているものが主流です。ブライダルシーンは、人生の中でも特別な場面と言えます。そのようなシーンを記念する品としては、ダイヤなど、価値の高い宝石がふさわしいという訳です。結婚の約束をしたからと言って、指輪を贈らなくてはいけないという取り決めはありませんが、社会的な慣習としては、婚約すれば、記念の品としてリングをプレゼントするという揺るぎないイメージがあります。

世の中には、交際している女性に、結婚の申込みをするにあたって、プロポーズの言葉を伝えるだけでは味気ないので、せっかくの特別なシーンを演出するために、何か思い出に残る品物を贈りたいと考える人が多く見受けられます。そのような願いを叶えるためのアイテムとして適しているのが、婚約指輪になります。
ただし、プロポーズの時に、サプライズプレゼントとして婚約指輪を渡すためには、相手の女性に内緒で、リングを選ぶ必要があります。そのような場面では、指輪のサイズやデザインの好みが分かりにくいという問題が生じて来ます。そうした経緯から、サプライズプレゼントとして婚約指輪を渡したものの、サイズやデザインの好みが合わず、相手をがっかりさせてしまうことにもなり兼ねないので、注意する必要があります。
心配な場合は、プロポーズと共に指輪を渡すのではなく後日二人で婚約指輪を選ぶといいでしょう。プロポーズされた女性も自分の好みのデザインを選べるため、喜んでもらえるのではないでしょうか。

参照サイト『ガラ OKACHIMACHI

指輪を贈る意味など

皆さんの中には、プロポーズの際には、婚約指輪(エンゲージリング)をプレゼントするものというイメージを持っている方が多くいらっしゃるかも知れません。そういうイメージは、以前からあり、現在でも根強く残ってはいますが、昨今では、指輪以外のプレゼントを贈るケースが増えて来ています。

婚約をする場合、プロポーズをして相手の了解を得た上で、両家の顔合せが行なわれ、結納などの準備を進めることとなるのが一般的な流れです。そして、結婚の約束をしたことを証明するために、男性から女性へと贈られるのが婚約指輪になります。そのように、元来、婚約指輪は、婚約を記念するアイテムという位置付けであったものの、いつしかプロポーズの演出をするための品として人気が高まり、現在に至っています。したがって、結論としては、婚約指輪は、婚約する時の必須アイテムではあるものの、プロポーズのプレゼントとしては必ずしも要らないということになります。

ところで、婚約指輪は、メインの宝石として、ダイヤモンドのあしらわれたものが主流となっています。そのように、宝石としての価値が高いものを贈り、記念の品として象徴的な意味合いを持つのが、婚約指輪になります。

婚約の方法と婚約指輪

付き合っている彼女にプロポーズして、結婚の約束をしたいと考えているものの、その具体的な方法が分からないという悩みを持つ人も見受けられます。プロポーズをする際には、婚約指輪が付きものというイメージが強いかも知れませんが、最近では、リングではなく、別のものをプレゼントするケースが増えつつあります。

プロポーズをした結果、相手の了解が得られれば、両家の顔合わせの後、結納などの準備を進めるのが、一般的な婚約の流れになります。また、婚約指輪は、結婚の約束をしたことの証として、男性から女性にプレゼントされるアイテムです。そのように、婚約指輪は、元来、婚約を記念する品であり、プロポーズのプレゼントとしての必須アイテムという訳ではありません。

ところで、婚約指輪は、ダイヤモンドがメインストーンとしてあしらわれているものが主流です。宝石としての価値が高いダイヤは、婚約指輪に、記念の品としてのシンボル的な意味合いを持たせるために機能します。また、婚約指輪をプロポーズのサプライズプレゼントとする場合、特別なシーンに付加価値を与えることができますが、一方で、パートナーの指輪のサイズやデザインの好みを知ることが難しいという問題があります。

このサイトでは、婚約のしかたや、婚約指輪のプレゼントに関するさまざまな情報をお届けします。交際中の女性に求婚したり、エンゲージリングを贈ったりしたいとお考えの方は、是非ともチェックして下さい。