特別な意味合いなど

エンゲージリングには、ダイヤが主役となっているものが主流です。ブライダルシーンは、人生の中でも特別な場面と言えます。そのようなシーンを記念する品としては、ダイヤなど、価値の高い宝石がふさわしいという訳です。結婚の約束をしたからと言って、指輪を贈らなくてはいけないという取り決めはありませんが、社会的な慣習としては、婚約すれば、記念の品としてリングをプレゼントするという揺るぎないイメージがあります。

世の中には、交際している女性に、結婚の申込みをするにあたって、プロポーズの言葉を伝えるだけでは味気ないので、せっかくの特別なシーンを演出するために、何か思い出に残る品物を贈りたいと考える人が多く見受けられます。そのような願いを叶えるためのアイテムとして適しているのが、婚約指輪になります。
ただし、プロポーズの時に、サプライズプレゼントとして婚約指輪を渡すためには、相手の女性に内緒で、リングを選ぶ必要があります。そのような場面では、指輪のサイズやデザインの好みが分かりにくいという問題が生じて来ます。そうした経緯から、サプライズプレゼントとして婚約指輪を渡したものの、サイズやデザインの好みが合わず、相手をがっかりさせてしまうことにもなり兼ねないので、注意する必要があります。
心配な場合は、プロポーズと共に指輪を渡すのではなく後日二人で婚約指輪を選ぶといいでしょう。プロポーズされた女性も自分の好みのデザインを選べるため、喜んでもらえるのではないでしょうか。

参照サイト『ガラ OKACHIMACHI