指輪を贈る意味など

皆さんの中には、プロポーズの際には、婚約指輪(エンゲージリング)をプレゼントするものというイメージを持っている方が多くいらっしゃるかも知れません。そういうイメージは、以前からあり、現在でも根強く残ってはいますが、昨今では、指輪以外のプレゼントを贈るケースが増えて来ています。

婚約をする場合、プロポーズをして相手の了解を得た上で、両家の顔合せが行なわれ、結納などの準備を進めることとなるのが一般的な流れです。そして、結婚の約束をしたことを証明するために、男性から女性へと贈られるのが婚約指輪になります。そのように、元来、婚約指輪は、婚約を記念するアイテムという位置付けであったものの、いつしかプロポーズの演出をするための品として人気が高まり、現在に至っています。したがって、結論としては、婚約指輪は、婚約する時の必須アイテムではあるものの、プロポーズのプレゼントとしては必ずしも要らないということになります。

ところで、婚約指輪は、メインの宝石として、ダイヤモンドのあしらわれたものが主流となっています。そのように、宝石としての価値が高いものを贈り、記念の品として象徴的な意味合いを持つのが、婚約指輪になります。