プロポーズの際には

男性から交際中の女性へとプロポーズする時に、サプライズのプレゼントとして婚約指輪を渡す場合、サイズやデザインの好みを知るのに苦労することがあります。そのような問題を解決するためには、指輪以外の品物をプレゼントするという方法が存在します。

プロポーズの際に贈る指輪以外の品物としては、ダイヤモンドが人気を呼んでいます。ダイヤは、婚約指輪のメインストーンとしてあしらわれていることが多い、価値ある宝石です。プロポーズに際してダイヤモンドをプレゼントすれば、後からそのダイヤをベースに、彼女のサイズや好きなデザインに合う婚約指輪をオーダーメイドすることができます。そのように、指輪のサイズやデザインの好みが分からなくて苦労するリスクがなく、最終的には、贈ったダイヤを彼女のサイズや趣味・趣向に合う婚約指輪として使用してもらうことができるという魅力があります。

こちらの方法では、プロポーズの後に婚約指輪を用意することとなりますが、最終的には、結納など、両家が顔合せをするまでに指輪が完成すれば問題ありません。こうしたプロポーズの方法は、「ダイヤモンドプロポーズ」と呼ばれ、最近では、性別を問わずに人気を呼んでいます。